子供のための塾選び、学習塾について

子どもの受験対策や学校の授業の補習として、学習塾に通ったり家庭教師を雇っている人の割合はとても高いです。
中には、まだまだ先でもいいかなと思っていても、周りの人たちが通い始めたり、子どもからの希望があったりして検討を始めた人もいるでしょう。
街中にこれだけ溢れてかえっている学習塾ですから、どこにするか迷ってしまうのも無理はありません。
一番大切なのは、それぞれの学習塾や家庭教師の特徴を知って、自分の子どもにとって一番適切なのはどこなのかを見極めることです。
まずは、学習塾と家庭教師の大まかな違いを考えてみましょう。
家庭教師のメリットは何と言っても、子どもの学習進度に合わせた丁寧な授業が受けられるということです。
自分の不得意科目や単元に絞っての学習が可能なので、短期集中で成績を上げることが期待できます。
授業をしながら疑問点があれば、その都度先生に質問できるので、分からないところをあやふやにせず次のステップに進むことができます。
このような観点から、一般的に家庭教師に向いているのは、学校の授業についていけない子どもや、学習したい単元だけを集中的に強化したいなどの要望がある人です。
一方、学習塾は目指す学校別に対策講座が開かれていたり、いわゆる超難関校受験向けのハイレベルな授業を受けられるなどのメリットがあります。
家庭教師に大学生のアルバイトなどが採用されるのに対し、学習塾はよりハイレベルな授業を行うのに対応できるだけの学力を持った、プロの教師陣が揃っている場合が多いです。
その道のプロの授業で学校の授業では難しい、受験対策としての応用力をつけることができます。
また、学習塾は長年蓄積された情報やノウハウを持っているので、受験するにあたって何かと心強いサポートを受けることができるので親としても嬉しいところです。
学習塾を選ぶ際には、それぞれの子どもの性格を見抜いてあげることも必要になってくるでしょう。
マイペースに学習を進めていく方が合っている子や、大勢の中ではなかなか積極的になれない子などには、家庭教師の方が向いているかもしれません。
逆に、大勢の子どもたちが集まる学習塾では、仲間たちと良い意味でライバル意識が芽生えるので、競争心のある子は、お互いに切磋琢磨しながらより上の学力を身に着けることができるかもしれません。
また、料金に関して言えば、一般的に家庭教師よりも学習塾のほうが割安になることが多いようです。
長期で通うことを考えれば、あまり家計の負担にならないように注意することも大切です。
実際に学習塾に通っても成果が出ない子どもも少なくありません。
事前に学習塾の情報をインターネットで検索して、子どもの性格と合っているかなどを照らし合わせてみるのもお勧めです。
また、他の地域の学習塾を調べることで、その学習塾のレベルを計る指標の様なものを作ることもできます。

関連ページはこちら