セクシー女優の咲坂花恋がヤバい!! その小悪魔な笑顔に何かを期待してドキドキが止まらない…

●女優名:咲坂花恋
●身長:160cm B86 W59 H86
●生年月日:1996年2月3日
●趣味:ダンス、歌、キックボクシング

人気グラビアアイドルDVD情報

元アイドルグループに所属していたという咲坂花恋。ルックスもそこそこ良く、制服姿も良く似合う小柄な女性だ。撮影の最後には自慢のカラオケを聞かせてくれるが、wikiで調べたところ経歴がよく分からない。まだ誰も作成していない。作品紹介でみれば「地下アイドル」出身という言葉が使ってある。ただのAVファンである俺にはよく分からない世界みたいだ。だが、そんな事はどうでもいい。元アイドル・元芸能人という肩書を持ってデビューしてきた女優は多いが、どうせいつも聞いたことが無い名ばかりだ。もう慣れきっている。要は内容なのだ。評価、星5

最近は甘目の採点になってきたが、すごく良かったという訳ではないが咲坂花恋が良い感じに思える。そういえば妄想と興奮を引き起こす作品といえば、ドラマものや企画作品のシチュエーションという場合が多い。本作のような単体女優の通常作品ではリアルな映像をお届けする訳じゃなく、咲坂花恋のハメどりアダルトビデオに過ぎないのだ。だから視聴者がのめり込むような興奮と感動は味わえないが、逆にエッチとしての良いシーン、形にこだわったものがある。

JK制服 → ブルマ → スクール水着 →(サプライズ)→ 別の制服で3P、いわゆる定番の流れというやつだ。

これが主流の単体の女子校生作品の構成図だ。決まり決まった流れであるが、これこそが女子校生マニアが好む部分のみを集めた集成とでもいえるだろう。後は制服を脱がせたり、ありえないような色柄の衣装さえ使わなければ文句の付け所は無い。

さて本作だが、まず女優の「咲坂花恋」は小柄な美少女として女子校生役には適任だ。長い髪とスレンダーな体が匂い立つ。そしてブルマやスクール水着も王道の紺色を使用してある。脱がさないためにも、そのシーンでは尻コキやフェラを使ったのは正解だろう。フェラやカラミという性行為そのものより、むしろ制服少女がそれを行っているという事実こそが重要なのだ。
その事実の証明とは「着衣のまま」であること。フェラをしているシーンに興奮するのではない。フェラをしている少女が紺色のブルマを履いていることに興奮するのだ。そこをきちっと抑えた作品ならば満足できるというものだ。何の話をしていたのか、自分でも分からなくなってしまった。とにかく咲坂花恋ちゃんに惚れ込んでしまいました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA